どのくらいの人たちが健康食品利用者か

食品表示(マーク)が意味するもの

一口に健康食品と言われていますが、明確には、「栄養補助食品」「健康補助食品」「保健機能食品」「機能性食品」「栄養強化食品」他に分類されます。
私たちが口から摂取するもののうち、医薬品以外のものを全て「食品」と呼びますが、それらの食品には、医薬品のような身体の構造や機能に影響する表示をすることは、一部を除いて原則、許されていません。
そのため、健康食品は直接的な身体への影響を表示できないことから、健康効果を暗示させたような名称や製品名にすることも少なくありません。
上記のように種類が複数あると、どれが何に分類されるのか難しく見えますが、まずは名称や認識自体に注意をしましょう。
健康食品の中で一部、国の創設機関が表示を許可している「特別用途食品」「保健機能食品」は、ある一定の科学的根拠を有すると認められたもので、表示(マーク)は、定められた機関の審査をパスしている証明なため、参考にしてみてください。

違いがわかりづらい医薬品と健康食品

医薬品と健康食品の違いについて不明な方も多いので、ここではその違いについて紹介しましょう。
まず、医薬品と健康食品の大きな違いは対象者や目的、環境など3点あります。
1つめの対象者は医薬品が病気などの人が対象なのに対し、健康食品はあくまでも健康な人が対象となります。
それが大前提で、2つめの利用・目的においては、医薬品は医師や薬剤師の管理下で利用され、健康食品は、個人の判断により利用が任されています。
そして3つめは、国の機関が定めた基準をクリアしているか否かが、最も重要なポイントです。
医薬品の基準には、効果や効能が厳しい検査を経て、データとしても証明できる明確なものであり、製品としても品質が一定なのに対し、健康食品はある意味で基準等の明確な効果やデータがなくても販売でき、同様の製品でも品質が一定に保たれていることも少ないようです。
このように、一見似ているようで、全く違うのです。

この記事をシェアする
TOPへ戻る